忍者ブログ
プロフィール
HN:
有麒堂
HP:
性別:
女性
新しい叫び↓
忍者アナライズ
アーカイブ
最古記事
(05/31)
(06/02)
(06/03)
(06/07)
(06/07)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<<   2017   12   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
18 December 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10 February 2014            帰宅難民の様子  |  未選択  |  C:0  |
2/8
朝、出勤できないのはヤバイので
朝2番目の電車で出勤。
むちゃくちゃスムーズに職場に到着。
慌てなくてよかった。



おそらく15時過ぎに京急が途中から運休してることを知る。
(ー ー;)
17時職場を出て京急に乗る。のろのろ運転。
久里浜で降ろされる。20時。
うちの最寄り駅まであと3駅。
雪はどんどん降ってる。
久里浜から歩こうと思えば歩けるが
雪の山越えはちょっとな〜。
駅ビルで飯食って改札前に戻る。
難民たむろってる。
21時に駅ビル閉まる。難民増える。
駅員と警察が

復旧のめどがたってない。
市からも体育館など難民のために解放はない。
歩ける人は歩け。
もしくは知り合いの家に行け。

などと言う。
難民猛抗議。

行けるとこないからここにいる。
ホームに停まってる車両を解放しろ。
云々。

22時半くらいにようやく車両解放。
復旧のため作業しているが0:30までに復旧できなければ退駅してもらう。
という条件つき。

改札付近で引き続き猛抗議してるひともいるが
私は車両へ。
寒いよ。
車両もドアあいてるから寒い。

0:30には退駅〜のことを家にいる旦那に電話したら旦那ブチ切れる。
ノーマルタイヤでチェーンないのに車で迎えに行く!!と無茶を言うので止める。
もーミイラ取りがミイラになるわ!!

改札付近の猛抗議が効いたのか
0時頃に
時間までは確約できないが必ず三崎口まで1本走らせます。

と放送がある。
一安心。

3時頃から後続の電車が到着し始める。
難民続々到着。
まだ動かず。

朝の5:30。
ようやく出発!!
ただしうちの駅の1個手前まで。
でももうそのくらいなら歩ける!
雪をザクザク踏んで我が家まで。
6時に到着。

もう、徹夜明けの朝帰りな旅だった。
猛抗議受けないと動かない京急、対応悪過ぎ。
凍死しなくてよかった(ー ー;)

拍手

PR
20 December 2013            旅日記4日目  |  未選択  |  C:0  |
おはよーございます。
起きたらまた温泉につかりました。
ホカホカ。
そいで朝食まで周辺を散歩。
予約はネットで適当にしたし
夜に到着したのでどんなとこか知らなかったですが
すげーいいとこじゃん!

お宿

玄関にはこの階段をあがるのです。

宿の前の川の水の綺麗なこと。


すごいです。素晴らしいです。
いい宿とったな〜。

そして朝食

ごちそうさまでした!

東名にのって帰路につきました。
途中沼津の某所に寄りましたが割愛。
いい旅だったよ紀伊半島。
楽しかったー!また来たいー!

拍手

20 December 2013            旅日記3日目その2  |  未選択  |  C:0  |
すまぬ。はよ仕上げねば年が明けてしまう。
そいで、熊野川の川舟に乗りたくてですね
http://kawabune.info
↑これこれ。風情あるよねー
予約の電話をいれたところ3人からしか運航しないとのこと。
電話をいれたのが朝9時。
他に予約が入れば運航できますが〜
などとおっしゃる。
仮予約しといて11時の時点で予約がなければ欠航ということで云々
ということで電話待ちをしていた。
そのあいだに那智大社を堪能していたんだがやはり欠航の連絡が来た。
残念無念。
ということで
http://www.kankomie.or.jp/spot/detail_3245.html
こちらのウォータージェット船で瀞峡めぐりに変更。
もう、船に乗って川を下らないと気が済みません。

もう乗ってます。


トイレ休憩で下船
さらに奥へ進む。


秘境でござった。
あーもう堪能でございます。
下船後は
ここまで来たのならと熊野本宮大社に向かうのです。
ナビに従って向かいましたが
国道が台風で崖崩れ通行止め。おい。
誘導してるおにーさんに他に道はないかと聞いたら
地元の人が使う旧道を教えてくれた。
やー安心安心なんて進んで行くが…
林の中を抜けて行く道で山肌です。
国道が崖崩れなのに旧道だって落石がないわけありません。
くねくねくねくねしていて落石があって道が崩れかけているとこもあったりする。
(・・;)うひゃー
ようやく下りの山路に折れると民家があるー!
ちょっと安心だねー!
でもまだ細い道だねー!
くねくねしてるねー!
お、見晴らしがいいなー!熊野川がどーん
(写真がなくて残念です)
うわー!道が細くて見晴らしいいけどガードレールも柵もないー!!
脱輪したら死ぬーー!!ぎゃー

そんな山路でしたよ。楽しかったです。

そいでようやく熊野本宮。

なんですけどお社は改修工事中でした…

これは門?みたいなやつ…

八咫烏ポスト

顔がかわいい。

参道と並走してる熊野古道。
熊野那智大社と熊野本宮大社を参拝したので熊野速玉大社も行けるか?と
ナビで時間を計算してみたがもう遅かった。
ので今夜の宿へ向かう。
さよなら熊野〜。いいとこだね熊野〜。
国道が通れないと大変だね熊野〜。

川も太いね熊野〜。

今宵の宿は菰野町の湯の山温泉。
中々遠距離。
高速がまだ切れぎれだがそれを使って走る。
途中、松阪で松阪牛食っちゃう?なんつって寄ってみたが
松阪牛食べさしてくれる店はことごとく休みとか営業時間終わったばかりとか
いや、まだ19時すぎなんすけど…
え〜松阪牛。・゜・(ノД`)・゜・。
せっかく来たのに松阪牛〜!!うおー

なので食べ放題しゃぶしゃぶ屋でなぜか飛騨牛を食べました。
美味しかったです。



宿に着きました。湯の山温泉。
22時です。風呂入って寝るだけー。
おやすみなさい。


とうとう次は旅の最終日
つづく

拍手

06 December 2013            旅日記3日目  |  未選択  |  C:0  |
お待たせしました。

朝風呂に始まりました。毎度。
すがすがしく露天風呂。最高。

朝飯もバイキング形式ですので野菜たっぷりなモーニングもりもり。
さあて那智大社にでっぱつでございます。
近いので30分もかかりません。
どどーん

来たね来たね来ちゃったねー!!
て、まだここは大社じゃないんだよ大社の敷地内にはいるとでかい木がある。


このお札の裏に願い事を書いてお札を持ったまま胎内をくぐると成就!!

くぐります!!
中は広い空洞が!
そしてするりと通り抜けると思いきや
ほぼ垂直な階段が真上に向かってあり、
お札持ったまま登るのあぶねー!とか言いながら
無事くぐり抜けました。
ありがとうございました。
ふい〜。

そしてこれが那智大社でございます。
右のでかい木がさっきくぐった木でございます。
参拝参拝。
八咫烏さんもおるぜ

参拝参拝。
八咫烏みくじも引いたりしました。
んで、滝のそばまで行けるんじゃないかとウロウロ。
車で移動。
朝早いので一番近い駐車場あいてるー!!
きたー



どーん
ありがたく参拝参拝

すいません時間なくなったので続きます

拍手

12 November 2013            旅日記2日目その2  |  未選択  |  C:0  |
15時は過ぎたころに伊勢神宮を出発。
とにかく紀伊半島を下る下る。
途中記憶があやふやだが尾鷲あたりだったか
国道が土砂崩れで通行止めになっていた。
なんたって台風2つ通過した後だからねえ。
ナビに再検索させると山の方に進んでも行けるらしい。
川沿いを登る。
だんだん道が狭くなる。
車は他に1台も走っていない。
対向車もない。脇は川。
夕方です。じわじわ暗くなってます。
川は清流。石っつーか岩がデカイ。
これはどこまで行くんでしょうか…
ここはがけ崩れしないんでしょうか…
なんか事故ったらいつ発見されるんでしょうか…
などなどの不安に包まれつつだいぶ進んだところで
後ろから地元の人らしい車が来たー
よかったーなんか安心するー!
山越えたー!道太くなったー!
ということがありました。

そして七里御浜です。

長い浜だねえ綺麗だねえ。

日が暮れて18時くらいにかつうら御苑に着きました。
これ玄関入って左側にある茶室?です

鯨の置物があちこちに


うーんかわいいな。
後で気がついたけど鯨の町、太地町が近かったのね。
体調も戻り夕ごはんはモリモリ食べました。
よかったよかった。
伊勢参拝したおかげか。
(あんなに権力が…以下略言ってたのに
(^^;;
ここも温泉だ!温泉〜!
と騒いでいたのに部屋に戻ったらそのまま寝てしまった。
また朝風呂です。

2日目終了

続く

拍手

<<   HOME    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>
忍者ブログ/[PR]

有麒堂本舗へ戻る